バーコードの仕組みを知っていますか

###Site Name###

今では商品にバーコードがついているのが当たり前です。
買い物をしたときにレジでピッピとバーコードを通すことで金額が分かりそれにより支払いを行います。

これにより買い物がとても速くできるようになりました。
またスーパー側も情報を簡単に手に入れることができるので、どの商品がどのくらい売れたのかなどがすぐにわかります。

それにより次の発注も簡単に行うことができるようになりました。

バーコードにはたくさんの数字が書かれていますが、何となく似ているような数字だと感じたことはありませんか。

実は数字にもきちんと意味があるのです。

まず最初の二桁の数字で国を表しています。

日本は49と45なので買い物をするときに、49から始まる数字が多いのはこのためです。

そのあとに続いてある数字はメーカーコードといわれるものとなっており、企業が申請をして、それぞれの会社に決まった数字が割り振られています。

そしてその続きの数字が、そのメーカーの中で決めた商品の数字です。

バーコードについて解説いたします。

最後の数字は読み取り確認用で、誤りを防ぐために付けられているものです。

NAVERまとめの様々な情報を掲載しています。

普段何気なく買い物している人が多いですが、きちんとバーコードを見てみるのも面白いです。

最近では商品に付けられるだけではなくなってきており、お店ごとのポイントカードやクーポン券やレシートなどにも記載されています。またギフトカードにも利用されており、バーコードはとても便利なためいろいろなところで使われています。