薬剤師の業務と求人について

薬剤師は、調剤や医薬品の供給の他、薬事衛生を司る医療従事者のことです。


薬が医療の中心であった東洋においては、医師との区別はありませんでしたが、西洋において、フリードリヒ2世により医師が薬局を持つことを禁ずる法令が交付されたことが、医薬分業及び薬剤師の起源とされています。


日本で近代的な医療制度が初めて導入されると、「医師たる者は自ら薬をひさぐことを禁ず」とされて医師開業試験と薬舗開業試験が規定されました。

これにより、薬舗を開業するものは薬舗主とみなされ、日本における薬剤師の原形となりました。

現在日本で資格を取るためには、6年生の薬学部を卒業し、国家試験に合格する必要があります。
つまり、大学において薬学の正規課程を修め、卒業後に国家試験に合格、その後、薬剤師名簿に登録を申請すると、厚生労働大臣から免許が与えられる仕組みです。



その業務は多岐に渡っており、その中でも最も基本的な業務は調剤と呼ばれ、医師や歯科医師、獣医師が作成した投与が必要とされる医薬品と服用量、投与方法が記載された処方箋をもとに調剤を行います。

薬剤師の求人をあなたに紹介致します。

薬剤師の求人については、新聞の折り込みチラシなどでも地元の求人情報を簡単に見つけることができ、インターネットの普及により、ネット上で求人を見つけることも簡単になってきました。

薬剤師の転職情報について考えます。

その他にも、人材紹介会社や人材派遣会社に登録するのも有効な方法です。

新聞折り込みの広告やタウン誌をこまめにチェックしたり、地元の薬局を回って求人が出されていないか探すのも方法の一つです。