コインランドリーで空きテナント活用

不動産物件は、ただ持っているだけでは維持費と税金がかかり、損をする一方になります。

そのため早めに活用法を見つけるか、処分を考えなければなりません。



都心ならともかく、地方ならばそうそう買い手が見つかるものでもありませんので、自力で利益化を目指すべきです。
また、一般的な住居ならば自分で住むこともできますが、テナント物件であればそうもいきません。



こうした点を逐一踏まえた上で最善策を考えるならば、コインランドリーが有力です。生きている以上、ほぼ毎日のように洗濯する必要があります。

そのため各家庭には専用家電が備え付けられているのですが、乾燥機能となると一部に限られます。


布団などを丸洗いできる大型機器となると、さらに稀になりますので、コインランドリーに通うことになるのです。

コインランドリーの有益な情報の紹介です。

もし開業を検討しているのであれば、洗濯に関する需要が高いファミリー層を狙うのが基本といえます。

コインランドリーを始めるに当たっては、大掛かりな改装を要求されません。


洗濯乾燥機を適度に据え付け、あとは電灯、エアコン、両替機などを設置するだけでスタートできます。

またスタッフを常住させることもなく、定期的にメンテナンスや回収に訪れるだけでいいので、非常に楽です。


あとは利用のピークを調べ上げ、営業時間を調整すれば無駄がありません。

光熱費などのランニングコストを考えれば、深夜営業を見直すことも大切です。

コインランドリーを賢く運用して、継続的な利益を促していきましょう。