新築の一戸建ての収納率

新築の一戸建てを購入する際にチェックしておきたいポイントの一つが収納率です。

つまり、収納スペースがどれくらいあるのかです。
収納スペースはたくさんあればたくさんあるほど良いと考えるべきではありません。



当たり前のことなのですが、収納スペースをたくさん取ると、生活空間は減少してしまいます。

柏の新築一戸建ての特別な情報を載せています。

ですから、適度に収納スペースが必要となります。
収納スペースの割合を示した数値が収納率です。

コトバンクを検索してみてください。

新築の一戸建ての場合には、収納率はだいたい8%前後が妥当だと考えられています。
しかし、これはあくまでも平均的な数値ですから、それぞれで実際に必要な収納スペースは異なるでしょう。
現在よりも多くしたいのか、それとももっと少なくてよいのかをきちんと考えることは必要です。

注意しておかなければならないのは、収納率が面積を元にして計算されていることです。

空間の広さではないという点に注意しなければなりません。

たとえば階段の下の部分を収納に充てることは多いですが、形状が変になっていて、あまり多くのものを収納できないこともあります。

押し入れにしても高さが十分にないというケースもありえるでしょう。
また、キッチンの吊り戸棚なども収納スペースとして計算をしていることもあります。

実際に使ってみると収納スペースが全然足りないと行ったことが起こるかも知れません。

新築の一戸建てを購入するときには、収納スペースは自分の目で確認して、十分なのかどうか把握しておかなければなりません。


MENU