コインランドリー経営のメリットとデメリット

コインランドリーを経営するメリットはいくつかあります。

まず一つ目は好不況に影響されにくいビジネスであるという事です。

衣食住に関わるビジネスは好況の影響も受けにくいですが、不況の影響も受けにくいので安定したビジネスと言えます。


また専門的な資格等が必要なビジネスではないので、比較的参入しやすいです。

ビジネスの性質上売り掛けがなく、毎日現金での売り上げが発生するのでキャッシュフロー経営がしやすいです。



コインランドリーは他のビジネスと比較して顧客が固定化しやすいので、一度固定客を確立すると安定した売り上げを見込みやすいビジネスでもあります。


ビジネスとしてコインランドリーを選ぶデメリットとして挙げられるのはまず機械等の設置が必須な為にビジネスの規模の割には初期費用が高額になりやすい事です。

コインランドリーの経営は堅実なビジネスではありますが、予想以上の大きな利益は出にくいのもデメリットです。



機械の設置が難しいので、一度場所を決めて開業してしまうと簡単に場所を変更するのが難しいです。



そのため開業する時は開業する場所を慎重に選んで始めなくてはいけません。

他のビジネスと比べて顧客が固定化しやすいので一度固定の顧客を獲得すると売り上げが安定しやすいですが、逆に一度他の競合店に顧客を奪われると売り上げが安定しにくいのと既にコインランドリーがその地域の顧客を獲得している所に新しく出店しても店を軌道に乗せにくいです。