コインランドリーの運用に必要なポイント

コインランドリーの運用に必要なポイント

副業のひとつとして、コインランドリー経営が注目されています。
土地活用としてアパートやマンションを建てるよりも、高い収益性を確保できるのが理由です。
またライフスタイルの変化に伴って、都市部から地方都市へとコインランドリーの需要が広がっていることも背景にあります。

また土地を保有していない人でも、テナントを借りることでコインランドリーの経営は行えます。この場合、初期投資費用に加えてテナント料も発生するので、いかに設備投資などの資金を調達するかがポイントになります。

できれば金利の低い金融機関から借り入れたいものです。

そのためには、いかに収益性が確保されるかをアピールしなければなりません。

そのような事業計画を立てるためには、まず絞り込んだエリアにおけるマーケティングを行うことが必要です。

コインランドリーの需要対象は様々ですが、その対象の属性に応じた設備も必要になります。
例えば単身者が多く生活するエリアであれば、小型の洗濯機を多く導入することで利回りが期待できます。



あるいはファミリー世帯が多い地域であれば、大型の乾燥機付きランドリーを必要とされます。



これは単価も高くランニングコストもかかります。

このようにマーケティングによるターゲットの絞り込みと、導入する設備に応じた運用プランを策定することによって、信頼性のある事業計画書を提出できるというわけです。



同時にリスクを抑えた経営ができるようになります。